英語ではなす

これからの子どもたちにとって、将来的にグローバルな社会で生き抜いていくためには英会話が必ず必要となります。明倫幼稚園では、その基礎づくりをスタートしています。

『適期教育』としての英語教育

日本語を自然に覚えた様に、英語を「楽しく」「自然に」習得出来る環境があれば、英語は自然に身につきます。

幼児期は最も脳が発達し、英語の発音で不可欠な「 R・Th・V 」などへの聴き取り能力が高い時期でもあります。幼児期に記憶された発音は、数年の間をおいても確実に記憶され脳に残っていることから、この幼児期に将来実際に実になる英語教育を進めています。

耳づくり

正しい発音は幼児期に身につきます。

英語に対して抵抗なく、耳から自然と入る本物の発音を「聞く」ことを大切にし、その手立てとして「ネイティブスピーカーとの触れ合いや遊びを通して身体で体験する環境」と「毎日、習慣的に繰り返し聞く環境」の2つの方法で教育を進めています。

ネイティブスピーカーとの触れ合いや遊びを通して身体で体験する環境

歌やダンス、時には書いたり 楽しみながらの学習

セイハ英語学院より、月1~2回ネイティブスピーカーと日本人の2人の講師の先生に来ていただき、耳から自然と入る本物の発音を聞いて学んでいます。歌やダンス、時には書いたりという楽しみながらの学習は、子ども達の好奇心をより刺激し吸収力に差が表れます。

毎日、習慣的に繰り返し聞く環境

子ども達が無理なく、楽しみながら英語の力を身につけていく

2歳児から年長まで、1回15分程度、日々繰り返し行います。この繰り返すことが大きな効果を生みます。120インチのスクリーンに映し出される本物の発音の教材は、担任がそのクラスの子どもの興味関心や習得度、その日の子どもたちの反応を見ながら進めています。